メッセージ

STIHL製品が日本で販売され始めたのは1960年。革新的技術、製品の信頼性、使いやすさに対する日本市場からの要望は、当時からたいへん厳しいものでありました。STIHLの経営哲学にも通 ずる、日本の皆様のこのようなご要望にお応えるするために、私たちは高品質で革新的な製品を常にお届けし続けてまいりました。その結果 、STIHLは販売台数世界No.1チェンソーブランドとして日本でも確固たる地位を築くことができました。
そして日本の皆様のご期待に、より的確にお応えするために、STIHLは1990年8月27日アジア初の子会社である「株式会社スチール」を設立しました。さらに1999年春には、最新設備を完備した新社屋が完成し、企業としてより充実した体制と設備が整いました。

私たちSTIHLは、日本の皆様の信頼とご要望に確実にお応えできるよう、これからも全力を尽くしていきたいと願っています。
今後とも皆様のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

STIHL製品には、最先端の革新的技術を十分に盛り込んでいます。この技術が作業者の疲労を軽減し、作業時間を短縮します。また環境に対して、STIHLは世界レベルのエコロジーを考えています。子孫に安全で美しい環境を残すことが企業の社会的責任だからです。法律にとらわれることなく高いレベルの対応を目指していますので、もう既に2011年の国内排出ガス規制をクリアした製品を数多くご用意しています。その近未来的で斬新なデザインは、美しいばかりでなく人間工学に基づいていますので、安全で使いやすく作業者は疲れません。もし、STIHLのチェンソーが少し重いといわれる方がいらっしゃったとしたら、それは安全の証なのです。つまり、STIHL製品は使う人のことを常に考えて設計されています。

私たちはSTIHL製品の能力を最大に発揮させるために、専門店でしか販売をしません。ホームセンターやインターネットでは、ユーザー様は十分な使用説明やメンテナンスの方法を聞くことが出来ない恐れがあるからです。また、専門店経由ですとSTIHLから専門的な技術サポートをお受け頂くことが出来ます。単に商品を販売するのではなく、スペック以上の価値をユーザー様に提供したいのです。

チェンソー販売台数世界ナンバーワンブランドのSTIHL製品を、是非お試しください。