安全基準を満たさないチェンソーについての警告

規則に準拠しないチェンソーは危険です

安全基準を満たさないチェンソーについての警告

規則に準拠しない機械は、ヨーロッパでも驚くほど売買されています。規則に準拠しないということは、法律で求められた必要条件を満たしてないということになります。特に、安全面や排出ガス規制などのユーザーや環境を守る目的のものが対象になります。

ドイツのDPLFというよく知られた第三者検査機関では、様々なチェンソーを厳格に検査しています。この試験に合格しなかったチェンソーは、法的な安全基準や排出ガス規制基準を満たしていないことになります。このような機械の使用は、人と環境に対して大きなリスクを負うことになります。測定された排出ガスは、法律の定める値をはるかに上回ることがあります。

STIHLのMS 440と規則に準拠していないPowerHausのKW 6500の比較ビデオ(右上)を見てみると明らかです。KW 6500は、ユーザーにとって危険をもたらすだけでなく、STIHL製品を模した外観を装い典型的なSTIHLカラーを使用しています。

 

MS 261

MS 440とKW 6500の比較ビデオ

ビデオを見る (11.75 MB)